スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフハックの(私への)罪

Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術! を読みました。

Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術! Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術!
Gina Trapani (2007/06/19)
アスキー

この商品の詳細を見る


「ライフハック」とは、生活や仕事のスタイルをもっと快適に、気の効いた、楽で、効率的にしようとする生活習慣改善術のようなものです。主に情報処理を扱う人たちの間で流行しています。

最近関連の情報が書籍やネット上でよくみかけます。

確かに有効だったり、便利だったりする内容も多いので愛読しているのですが、こういったライフハック関連の情報に触れ続けていると「これって本当に必要なのかな?」という疑問がわいてくるようになりました。

何故疑問に思うのか自分なりに考えてみると、データの整理法方やちょっと便利なPCの機能など、知っていれば便利なのは確かなのですが、それ以上に「ライフハックをやってると(もしくは調べてると)楽しい」のが問題なのかなぁと思います。

ようするに、趣味になっちゃうんですよね、ライフハックっていう行為そのものが。

そのため、新しいライフハックを求めてネットサーフィンをハックで短縮できた時間以上に消費したり、ハックを試すために本来必要じゃなかった作業にまで手を出したりしてしまうことが多々あります。

いや、私の自制心がなさすぎるだけなのかもしれませんが。

そもそもなんでライフハックというものを必要としたのか、今一度原点を見直さなくちゃいけないのかもしれません(少なくとも私は)。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。