スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]ケータイ小説活字革命論

ケータイ小説活字革命論―新世代へのマーケティング術 (角川SSC新書)ケータイ小説活字革命論―新世代へのマーケティング術 (角川SSC新書)
(2008/05)
伊東 寿朗

商品詳細を見る


ケータイ小説についての評価をネット上で見ると、どれもこれも酷評ばかり。まあ、ネット上で発言している人たちの大半が携帯で小説を読むという習慣も、それをリアルと感じる感性も持ち合わせていない状況では、当然といえば当然ですが。

調べていてもどれもこれも似たような議論ばかり(曰く、日本語としておかしい、性描写が露骨など)でちょっと食傷気味だったので、携帯小説を真っ向から肯定するような意見を探していてこの本にたどり着きました。

著者は、魔法のiランドという携帯用ホームページを手軽に製作できるサービスを運営する会社で、携帯小説のマーケティングを担当していたまさに仕掛け人。

その人が、携帯小説というのは一体どういうものなのか。それを読んでいるのはどういった人たちで、書いているのはどんな人なのか。携帯小説が広まったきっかけから、現在の文芸出版の売り上げランキング上位に書籍化された携帯小説が進出してきた現在までを流れに沿って解説しており、非常に分かりやすくかかれていました。

行間やフォントサイズなども詰まりすぎず目に優しいデザインで書かれていたのも、携帯やPCで読みやすい、疲れない文章とういものを考えてきた結果なのかも知れません。

一方の(それもまともに読みもしない、参加もしてない)人たちの意見だけを鵜呑みにするのではなく、実際にそこにどっぷりとつかり、その流れを追ってきた人の意見というのは説得力が違います。

何冊か、書籍化された小説を読んでみようかと思いました。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]迷惑メールは誰が出す?

迷惑メールは誰が出す? (新潮新書)迷惑メールは誰が出す? (新潮新書)
(2008/10)
岡嶋 裕史

商品詳細を見る


Webに関する知識があまり無い人向けに、迷惑メールの実態とその対策(?)を解説した内容。

迷惑メールの仕組みや、技術的な問題などはとても噛み砕いて簡易に書かれていましたが、肝心の個人でできる対策は……まあこの本が想定している読者が、一人でできる対策としては十分な内容でした。これ以上書いても実行できるかどうか、微妙なところですし。

迷惑メールに悩まされているけど、どう対処したらいいのか取っ掛かりすら分からない、という人にオススメの本です。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]上達の法則

上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)
(2002/05)
岡本 浩一

商品詳細を見る


上級者にいたるまで、人の頭の中ではどういった動きがおきているのか。上級者と中級者の差は何なのかなど、人が何か一つのスキルを身につける過程でどのような変化がおこっているかを認知心理学、学習心理学、記憶心理学に基づき解説した本です。

とにかく参考になる部分が多すぎて、まだ自分の中でまとめられていません。
じっくり読み返して、後日また書評したいと思います。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]ライフハックス 鮮やかな仕事術

ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)
(2006/12)
佐々木 正悟

商品詳細を見る


読んでうなずいて、そのまま何もしないで終わってしまいそう。
最後の章の近未来ライフハックに使えそうなツールは、自作ツールのいいネタになりそうです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]大人のための勉強法 パワーアップ編

大人のための勉強法―パワーアップ編 (PHP新書145)大人のための勉強法―パワーアップ編 (PHP新書145)
(2001/03/15)
和田 秀樹

商品詳細を見る


同じPHP新書で発売された大人のための勉強法の続編。

この人の勉強法の特徴として、具体的なノウハウは紹介せず、人が学ぶということに関する心理学的な理論や著者自身の経験を元に書かれています。

勝間系勉強法(具体的なノウハウの塊)とは対極をいく書かれ方ですね。

私は人が勉強を始める、もしくは続けるための動機付けに興味があり、本書を手に取ったのですが、面白いことが書いてありました。
教育心理学での動機付けは、
  • 明瞭な外的報酬が重要視された時代

  • 内発的動機付けが重要視された時代

を経て、
  • 文化的に埋め込まれた暗黙の勉強への方向付け

  • 外発的動機付けから内発的動機付けに内化されるプロセス

が重視されるようになってきたとのこと。

しかし著者は、自己から湧き上がるやる気を重視するこの考え方よりも、「やる気があるかどうかよりも、やったかどうか」こそが重要であると説いています。

海外の学校の宿題や試験の多さと、それに伴う成績の向上からゆとり教育を批判しているものそのためでしょう。自らが勉強することをしなくなった「有識者」たちを批判しています(嘆いているだけかも)。

まあようするに、外部の学校や指導者は、とにかく生徒にアウトプットの機会をもうけさせ、ひたすら詰め込み教育を行ったほうが効率がいいということでしょう。これには完全に同意です。大学でも、一番生徒の成績が良くなる授業は、ひたすらに問題を解かせた授業であり、教授が理論をだらだら説明していた授業ではありませんでした。

あとは、「暗黙の勉強への方向付け」として、周囲の先輩や同級生がバリバリ勉強している姿を見せることも大事だと思います。
環境のせいで何かができないというのはどうかと思いますが、環境のおかげで何かがしやすくなるってことはありますよね、やっぱり。

勉強法というよりも勉強論というべき一冊でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
(2008/05/29)
山本ケイイチ

商品詳細を見る


完全タイトル買い。なんてマッチョな本。

筋トレがもたらす精神的な利点とともに、筋トレを続けられる人はビジネスでも成功できるという説を、自身のトレーナーとしての経験から力説しています。

いやー暑苦しい。けど惹かれる。やっぱり、男の子として一度生をうけたからには筋トレに一度はトライした記憶が皆様にもあるはず。そして挫折した記憶も。

この本には、何故挫折したのか、どうしたら挫折しないのかが詳しく書かれており、筋トレ以外のスキルアップの勉強にも応用ができそうです。

今やっている絵の練習に活かしてみます。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

「分かりやすい教え方」の技術

「分かりやすい教え方」の技術(ブルーバックス)「分かりやすい教え方」の技術(ブルーバックス)
(2008/12/19)
藤沢 晃治

商品詳細を見る


分かりやすい○○の技術シリーズ最新作にして最高傑作。できればもっと早く読みたかった。

目次

第1章 その教え方はなぜ「分かりにくい」のか(ダメな教え方がいっぱい!、ダメな教え方をするのは誰か)
第2章 「教える」とはどういうことか(「説明する」と「教える」、「教える」の五つのポイント)
第3章 「分かりやすく教える」五つの心構え(先生役を気楽に引き受けよ、生徒をお客様と思え ほか)
第4章 「分かりやすく教える」八つの技術(生徒のレベルに合わせよ、「目標」を認識させよ ほか)
第5章 「分かりやすく教える」チェックリスト


大学で学生として授業を受けていると、先生によって「教える」という技術に明確な差があることにいやというほど気づかされます。ちなみにここで言う「分かりやすい」というのは、内容が容易であるということではなく、生徒自身に考えさせることも含めた「分かりやすい」です。簡単に単位がもらえて生徒たちから軽く見られている先生は論外。

特に第一章のダメな教え方一覧は、その一つ一つの項目を読むたびに「ああ、○○先生のことだな」と顔が思い浮かびます。いや、自戒も込めてですが。

サークル内でも、本人は後輩に教えているつもりでも、高圧的に(自分にとっての)正論をぶつけやる気を失わせるような先輩が必ず一人や二人はいるものです。そういう人たちはとりあえずしゃべらないでほしいですね。多分、何もしゃべらないことが一番プラスです。

教師だけでなく、何かを教えようとする人すべてに読んでほしい一冊です。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。